HOME>イベント情報>イベント詳細

2006年歳末セール

参加者の皆様、お疲れ様でした。

5/14(日)
真鯛 松輪港 棒面丸さん
釣行者 :アークス釣行会にご参加の皆様
4月に引き続き5月にも今話題のライトタックル真鯛釣行会を企画し今回は10名のお客様にお集まりいただき棒面丸に行ってきました。曇で時々雨が混じるような天気ですが海況は凪、釣れそうな雰囲気です。定刻の5:30に出船10分ほどでポイントに到着し指示ダナは30Mで釣り開始。早々に右胴の間の伊藤さんにアタリがありますがこれは良型のサバ、右トモ2番目の村田さんにもサバで魚自体の活性は良さそうです。サバが食う日はマダイも食うはずと思っていると右大ドモ渡辺さんのリーディングX73Uが大きく引き込まれています。「たぶんサバだと思うんですけど」という渡辺さんに私は「そんなに引くマダイはいませんよ」と引きからしてマダイを確信していました。楽しそうなやり取りの末上がってきたのは1.4キロのマダイ、前回とは違い開始30分ほどでの本命にホッとしました。それからまもなく右ミヨシの折坂さんが1.5キロほどをキャッチ、そのタモを置いたくらいに左ミヨシの小林さんの竿が突き刺さりました。小林さんは前回に続いてのご参加で前回は……「絶対ばらさないでくださいよ」「大丈夫ですよ」とシーバス経験豊富なバリバリのルアーマンらしく余裕のやり取りで1.5キロをキャッチ。小林さんは初マダイで、主催者の私としては一番聞きたかったセリフ「これははまりますよ」を言ってくれました。その後すぐに左ミヨシ2番目の吉川さんにもヒットしますが惜しくもバラし、すかさずまたも折坂さんにヒット「1枚目より大きいですよ」と慎重なやり取りの末2.4キロをキャッチされました。朝一4枚キャッチでこの勢いで行ってくれと思っていたのですがその後アタリが止まり時折ヒットするのはサバという状況が続きました。船長に状況を聞くと「11時頃の潮変わり前後に必ず良くなるから」という言葉が、それを皆さんに伝え、雨も降り始め停滞ムードが漂いだした船中を鼓舞しました。そして11時半頃やはり時合はやってきました。左ミヨシの小林さんにヒット(惜しくもバレ)を皮切りに、折坂さんが今日3枚目の1.3キロをキャッチ、すぐに隣の折坂さんのお嬢さんのつぐみちゃんの竿も突き刺さりお父さんとの2人羽折り状態ながら見事1.2キロのマダイをキャッチ。しばらくして右大ドモの渡辺さんにヒット「今度は本命だと思います」と一枚目より大きい1.6キロのマダイをキャッチされました。その後アタリが止まり今日はこれまでかと思われましたが、沖上がり5分前に吉川さんにヒット見事最後の最後に1キロ弱のマダイをキャッチされました。帰って僚船の状況を聞くと今日は苦戦だったようですが参加者の皆さんの頑張りもあって我々の船はかなり成績が良かったようです。船長、棒面丸さんありがとうございます!今回はアタリが少し船の前のほうに偏った傾向も見られましたが船中10人で10回ヒットして8枚キャッチ。前回に引き続いて大成功と言わせてください(笑) 次回も3ヶ月連続でライトタックルマダイ釣行会開催します。6月18日(日)先着10名様募集します。店頭で受付を行っていますので皆様ぜひご参加下さい。未経験者大歓迎です。