HOME>イベント情報>イベント詳細

参加者の皆様、お疲れ様でした。

6/14(日)
真鯛 松輪港 棒面丸
釣行者 :アークス釣行会にご参加の皆様
行きの横横道路を走っている時には全く感じなかったのですが、棒面丸に着くと社長が「今まで風がかなり吹いていて出れるか出れないかの瀬戸際だった。今は風が無くなってきたから何とか出られるけど」との事。それでも私は今どう考えても風のない状況に「楽勝でしょ」「ベタ凪でしょ」と思っていました。 9人のお客様にお集まりいただき予定通り5:30に出船。港を出てすぐ私の考えの甘さに気付きました。朝吹いていた南の強風の影響で港の目の前で既にかなりのシケ、釣り場に着くまでの15分程の間に二人のお客様が船酔いでダウン→キャビンへという状態になってしまうほどのシケです。残った7人のお客様指示棚20Mで釣り開始。しかし30分、1時間と時間が経過しても一向にアタリがありません、アタリがあっても上がって来るのは小型のメバルという厳しい状況が続きました。周りの船も全く上がっている様子がなくポイント移動、今度は割と深場の指示棚50Mで仕切りなおし‥‥すると移動後すぐにに左ミヨシの渡辺さんに何かがヒット、上がってきたのは30cmほどのアジ、それからは今までの沈黙を破るようにアジ、サバが入れ食い状態に、サバ3匹に対してアジが1匹という割合でサバのほうが多いのですがライトタックルでのアジサバ釣りはそれはそれで楽しく、私も竿を出させてもらって遊んじゃいました。「アジサバの入れ食いの合間に本命が来ることもあるから」という船長の言葉を信じて皆さん奮闘していただきましたが結局このポイントでも本命は上がらず、残り2時間船長は再び移動を決意、朝一のポイントに戻ってきました。それからも本命からのアタリは一向になくになく忍耐の時間が続きました。12時半の沖上がり時間に残り10分という頃、隣の一義丸さんの右トモで5キロほど大鯛があがったのが見えました。「今が最大のチャンスですよ」ラスト10分皆さんを鼓舞し頑張っていただきました。結果的にはやっちゃいました。船中0です。お集まりいただいた皆さんには本当に申し訳ありませんでした。 思えば4月、5月のライトタックル真鯛は結構釣れた事が思い出されます。しかし6月は上手くいきませんでした。「これが釣りというもの」ということを思い知らされました。また機会がありましたら是非皆様リベンジに行きましょう。 次回は来月7月9日に磯子根岸丸さんで夏の代表的な釣魚、ビシアジ釣り釣行会を開催いたします。参加者募集中です。全く沖釣りを経験された事がない方大歓迎です。沖釣りの楽しさを味わってみませんか。