HOME>イベント情報>イベント詳細

2006年歳末セール

参加者の皆様、お疲れ様でした。

10/22(日)
カワハギ8〜28匹 10〜27cm 佐島港 志平丸
釣行者 :アークス釣行会にご参加の皆様
昨シーズンよりも好調のカワハギ。もともと人気の高い釣り物だけに大盛況で今回はベテラン、初挑戦の方、小学3年生まで総勢15名のお客様にお集まりいただきました。7:30に出船まずは航程2.3分の港前のポイントからスタート。天気は晴、風も無くベタ凪の海況でカワハギには絶好の条件が揃っています。今日の好調を期待させるように開始第一投めから右舷ミヨシ2番目の小林さんが15センチほどのアベレージサイズをキャッチ。一投目回収されたエサを見ると綺麗に取られている方が多く、私は「エサが綺麗に取られているようならカワハギの可能性が高いですよ。この下にはカワハギたくさんいますよ」と。やはりカワハギはいるようで、林さん、工藤さん、折坂さん、相馬さん、長尾さんとベテランのカワハギ師の方々もそれぞれ一枚目をキャッチし快調そのもののスタートを切れました。次々に本命をキャッチしていくベテラン勢のペースには及ばないものの、初挑戦の方々もポツポツキャッチ。左舷胴の間の初挑戦お仲間2人の福田さん、小室さんはカワハギ以外にも毎回のようにかかってくるベラやカサゴなどの外道に「いつも堤防釣りばかりやっているので魚がこんなに釣れること自体が楽しい」と言っていただけ、小室さんの本命2枚目は25cmクラスの大型で「カワハギは魚のサイズ以上に引く魚ですね」とびっくりされている様子。2.3名の初挑戦者の方々の中には一枚目をキャッチするまで苦戦している方もいらっしゃいました。私なりにアドバイスはさせていただかせてはいるものの感覚の部分が非常に大きく、私自身まだ道半ばの釣り物だけに上手くアドバイスできなくて申し訳なかったのですが、頑張っていただき、開始2時間程で参加者15人全員本命をキャッチされました。その後それまでの小さいポイント移動から少し大きく移動した長者ヶ崎沖のポイントでは型も17〜8cmの良型が多くなり、一時は入れ食いに近い状態になりました。参加者全員キャッチで余裕が出た私も(単に我慢の限界に達しただけ(笑))ミヨシ乗り台で竿を出し20cmオーバー2枚を含め4枚キャッチしました。このポイントは型、数ともに非常に良く、右舷ミヨシの小学校3年生千葉風仁かぜとくんは25cm、22cmという良型を2枚連続でキャッチして千葉パパさん最高の笑顔。船長も「それは大きいよ!良かったねー」アナウンスして船中思わず拍手喝采でした。一時はベラばかりのポイントもあり苦しみましたが、お昼過ぎからまた好調に釣れだし、サイズも折坂さんが当日最大の27cmをキャッチ。後半2時間ほどミヨシ乗り台で後半になってアオリイカ狙いのエギシャクリを試みていた堀口さんは最後の方にほとんど連続で700〜800gサイズのアオリイカをキャッチ。少しうらやましかったです。いやー今回の釣行会は本当に釣れました。途中アオリに転向した堀口さんが8枚だった以外はワッペンサイズも含めればほぼ全員10枚は超えたんじゃないかと思います。私も途中からで10枚キャッチ(この1ヶ月ワラサを追い掛け回していましたけどカワハギはやっぱり面白いです)。竿頭は若手バリバリのカワハギ師相馬さんで28枚、次頭が小林さんで27枚、小林さんは若手バリバリのオールラウンド釣り師ですが、カワハギ釣りは何と初挑戦。聞くまで初挑戦にはとても見えませんでした。上手すぎです。皆さん15.6枚の方が多く、天気、釣果的にも最高の釣行会になりました。皆さまお疲れ様でした。志平丸さんお世話になりました。次回釣行会は11月18日(土)松輪棒面丸さんでライトタックル真鯛です。コマセ釣りなので10人先着で募集中です。是非皆さんご一緒しませんか。