HOME>イベント情報>イベント詳細

参加者の皆様、お疲れ様でした。

11/18(土)
真鯛0〜2枚 0.5〜2.1Kg イナダ0〜5本 松輪港 棒面丸
釣行者 :アークス釣行会にご参加の皆様
もう沖釣りの一ジャンルとして確固たる地位を得たライトタックル真鯛。今回はライトタックル真鯛初挑戦の方を含み9人のお客様にお集まりいただきました。7:00に出船、航程15分程でポイントの下浦沖に到着。北風が少し強く感じますが海況は凪で今回も天気に恵まれました。後は釣れてくれれば完璧なのですが‥‥期待の第一投目、船長の指示タナは上から20M、私が左舷で初挑戦の小林興烈さんに上からの棚取りのレクチャーをしていると、なにやら右舷が騒がしい様子、駆けつけると右舷大トモの大ベテラン林さんがやり取り中でもうハリスを手繰ろうかと言う状態。急いで用意したタモに収まったのは小振りですが500グラムほどの本命真鯛でした。振り返ると左大ドモのライト真鯛初挑戦の田尻さんも「一投目から来たよ!」とやり取りの真っ最中、引きの強さから「イナダっぽいけどバラさないようにゆっくりやってください」と上がってきたのはイナダ。しばらくすると右舷ミヨシの小林良和さん、お仲間の青木さんにダブルヒット、上がってきたのはお二人ともイナダ。朝一はイナダが好調にアタリ右舷トモ2番目の中村さん、右舷胴の間の滋野さん、左舷とも2番目の千葉さんと続々イナダがヒットし入れ食いという感じになりました。特に右舷ミヨシの小林良和さん、青木さんは好調であっというまに4.5本のイナダをキャッチ!皆さん「ライトで釣るイナダは面白い」と言って頂け、ライトの面白さが伝えられ主催者としても大変うれしく思います。その後しばらく沈黙が続きましたが、それをを破ったのは右胴の間の滋野さん。船長が「石田君、右の人が鯛っぽいの食わせたよ」見に行くと滋野さんのリーディングX64Uが大きく曲がっています。「多分、真鯛なんじゃないかな」上がってきたのは1キロ程の真鯛、思わず滋野さんと握手してしまいました。滋野さんはこれだけではありませんでした。9:30頃またしてもやり取りを始めた滋野さん「これはイナダじゃなかったら結構大きそうですよ。」一枚目よりどう考えても大きそうな引きです。慎重なやり取りでタモに収まったのは後検2.1キロの良型真鯛でした。良型の登場に気合の入る船内、その直後右舷ミヨシの小林さんの竿が突き刺さり楽しそうなやり取りの末後検1.3キロの真鯛をキャッチ。本命2枚の連発に思わず私(スタッフ石田)も空けてもらっていた左胴の間で釣りをはじめてしまいました。しかしその後本命は釣れず、イナダがポツポツという状態に‥‥沖上がり1時間前の13:00頃もう一度イナダの入れ食いがあり私も2本のイナダをキャッチ、ここまでボウズだった小林興烈さんもイナダをキャッチされホッとしましたが、後お一人なぜかどうしても左舷ミヨシのTさんにには最後までイナダも真鯛もヒットせず‥‥14時の沖上がりを迎えてしまいました。朝一の好調さとは裏腹に後半渋くなってしまい。最終的には船中9人でマダイ4枚、イナダ0〜5本。本命は少なかったもののイナダ多数で何とか形になり、ライトタックルの釣りとしては面白かったんじゃないかと思います。皆様お疲れ様でした。次回の釣行会はは12月10日(日)に佐島志平丸さんでカワハギです。全く初めての方大歓迎です。ご参加お待ちしております。