HOME>イベント情報>イベント詳細

2006年歳末セール

参加者の皆様、お疲れ様でした。

1/30(月)
カワハギ12枚〜35枚 10cm〜26cm 佐島港 志平丸
釣行者 :アークス釣行会にご参加の皆様
今年最後のアークス釣行会は10月に続いて佐島沖のカワハギに行ってきました。2、3日前から正に絶好調の佐島沖のカワハギ、金曜日にはトップ70枚を越える釣果がでているので期待に胸を膨らませての釣行です。10人のお客様にお集まりいただき7:30に出船。最初のポイントは航程5.6分の水深25M、佐島沖はやはり絶好調でした。一投目からご兄弟でご参加の小林さん、小林さんの弟さん、井上さん、水村さん、二投目には千葉さん、折坂さん、藤原さん、宮本さんが本命をキャッチ、二投で10人中8人が型を見てその後も好調、リリースサイズも混ざる小型中心ですが朝一から写真をとる暇もないほどの入れ食い状態が始まりました。圧巻だったのは藤原さんで三投目一荷の後の次の投入で3本針全部にカワハギがかかるトリプルを達成。トリプルなんてはじめて見ました。そんな中カワハギ初挑戦の原さん、平野さんは最初こそ苦戦していましたが、30分程で本命をキャッチ、実に開始30分で10人の参加者全員がカワハギをキャッチ。ミヨシよりの小林さんご兄弟、井上さん、藤原さんの4人は1時間で15枚越えというハイペースで「ほんとに70枚行っちゃうペースですね」などと話していましたが、やはりそんなに甘くないのがカワハギ、その後はポツポツになっていきました。しかし後半深場の40Mダチに移ってからはまた復調、しかも良いサイズが多く「針が折れた」「ハリスが切れた」などというバラシも多発しますが20センチ以上の良型がバンバン上がり、宮本さんは20cmオーバーの一荷で「竿が根元まで曲がるような強烈な引きでした」と満面の笑みでうらやましくなりました。いやー今回も釣れました。皆さんにも楽しめていただけたと思います。最終的にはご兄弟でのデットヒートを征した小林さんの弟さんが35枚で竿頭、小林さんが34枚、藤原さんが31枚、20枚越えの人が多く一番釣らない方でも12枚でした。志平丸さんどうもお世話になりました。当日は乗合船が2艘出し50人以上で餌が足りなくなりそうで準備に大忙しという中、10人で広々の仕立て船を出していただけ本当に感謝しています。佐島沖のカワハギ本当におすすめです。竿納め、初釣りには「ボウズ」というものがほとんど無いカワハギはピッタリだと思います。