HOME>釣行記 2017年5月 ★★釣果情報で 100PGET!★★
5/31(水)スルメイカ 一之瀬丸
釣行レポート:スタッフ石田
釣行者:スタッフ石田、遠藤さん

私59杯
遠藤さん100ちょい、
竿頭130杯
めちゃくちゃ久しぶりの東京湾スルメイカ。
今季最高といってもよい日に当たる事ができて、私の釣果も悪くないのですが、同行の遠藤さんは100ちょい超え!
竿頭の名人にいたっては130匹!!
名人たちにボコボコられてしまいました。
一から修行のやり直しかも(泣)
5/31(水)根岸湾〜福浦 シリヤケイカ2杯
釣行レポート:スタッフ大庭
釣行者:スタッフ大庭

根岸湾〜福浦でもシリヤケが釣れてるとの事なので行ってきました!
16時〜18時の2時間で2杯。
まだシリヤケイカ狙いで楽しめそうです!
5/29(月)横須賀 メバル
釣行レポート:スタッフ大庭
釣行者:スタッフ大庭、、T君

久し振りにメバリングをしてきました!
T君はロングロッドで、ハピソンのLEDかっ飛びボールを使い遠距離攻め!
自分はショートロッドでジグタンの手前攻め!
2時間近くやりましたがアタリ少なく自分は2匹、T君は3匹でした!
5/28(日)潮干狩り&磯遊び 野島公園
釣行レポート:スタッフ大庭
釣行者:スタッフ大庭

寝坊して野島に到着したのが9時前になりました。満車祭りです。。
荷物を降ろして駐車場探しの旅にでますが、どこも満車。
結局野島の駐車場に戻り待つ事に1時間近く待ってようやく入れました!
磯遊びでカニ、エビ、ハゼなど色々な生き物が居て驚きです!
メインの潮干狩りですが子供はスグ飽きてしまい30分で終了。。
短時間ながらお味噌汁分は確保できました!
潮が引かなくても手前で充分採れるので、まだまだ潮干狩りオススメです!
もちろん当店にて熊手やジョレン、磯遊びアイテム在庫あります!!
是非お立ち寄り下さい!!
5/28(日)ヘチつり教室 本牧海釣り施設
釣行レポート:スタッフ佐藤
釣行者:ヘチ釣り教室参加の皆さま

今年3回目のヘチつり教室
横浜発祥のヘチ釣りを広める為に、ヘチ釣りが好きな有志が集まり ボランティアで行われております。
海釣り施設、グローブライド、海津クラブ、五洋黒研、アークス根岸店のご協力感謝いたします。
事前に海釣り施設のホームページより申し込まれた参加者23名で行いました。
管理棟内でテキストを用いて、60分座学を学びます
最後に針結び、サルカン結びを覚えていただき仕掛けを作ります。
充実のレンタルタックル、受講料3000円に含まれます

そして、いよいよ実釣です。
レベルごとに小グループに分かれていただき、 エサのつけ方、落とし込み方などを教わった後 2時間のヘチ釣りして頂きました。
釣り始めは上げ潮が良く効き、カサゴを中心に良くつれていました。
小さな魚でもヘチタックルは繊細なあたりも良くわかり 魚とのダイレクト感が良くわかり、他の釣りでは味わえない楽しさを解ってもらえたようでした。
教室は16時30分で終了となりましたが、 マイタックル持参されていれば閉園まで釣り楽しめます
しかも夕方遅くなるほど魚の活性も上がり 大物を釣り上げられる確立も高まります。
ヘチ釣り一式これを機会にそろえるのも良いかもしれません。

次回は今年4回目となる教室
6/25(日)大黒海釣り施設で行われます。
まだ募集枠あるようなので、ヘチ釣り興味ある方参加お待ちしております。
5/24(水)マルイカ 佐円丸
釣行レポート:スタッフ石田
釣行者:スタッフ石田

マルイカ3
ムギ41
合計44

もう一人いて 同数竿頭。一昨年のキレが戻りません(泣)
同行の江澤さんは合わせて28杯
5/21(土)根岸湾 ローソン先 ヒラメ45センチ ハゼ10匹以上
釣行レポート:スタッフ石田
釣行者:羽生さんと息子さん

ここのところ毎週のように根岸湾に通っているという羽生さんと息子さん。
いつもはハゼを釣って楽しんでいるそうですが、今回はハゼを活きエサにマゴチかイカを狙ってみようと試したところ...
なんと上がってきたのは45センチのヒラメ!周りで大騒ぎになったそうです!
5/19(金)アコウ 4人で0〜4匹 伊豆下田 大瀬港 秀丸
釣行レポート:スタッフ石田
釣行者:スタッフ石田、遠藤さん、高嶋さん、Sさん

このところキンメの調子良くないので、 キンメ&アコウリレーをやっている、秀丸へ行って来ました。

キンメから狙いましたが、反応悪く船中高嶋さんが20cmを1匹上げたのみ。
早々にアコウに向かいます。
一投目から3.5kg、4.2kgの2点掛けは重量感たっぷりでシビレました。

しかし、思いのほか活性は渋く。多点掛けは出来ませんでしたが、その後 中、小 2匹追加に成功し 初の南伊豆のアコウ釣りは4匹釣り上げることできました。
同行のお客さんは高嶋さんも4匹、遠藤さん3匹、坊主がお一人出てしまいました。

アコウがボッコンと浮く様はこの釣り独特のもので、 キンメとはまた違う趣で楽しめました。
5/15(月)マルイカ4-37杯 ムギ8割  
横須賀 長井港 龍義丸(仕立て専門)
釣行レポート:スタッフ石田
釣行者:スタッフ石田

先週辺りから春の潮が本格的に入り込み釣果が上向いてきたマルイカ 城ヶ島沖を攻めました。
魚探の反応は良いのですが、なかなかスッテに乗らず苦戦模様でしたが。
釣れるマルイカは型が良く、ずっしりとした重量感楽しめました。
ムギイカも日によっては50杯を超える日も多くなってきました。
浅場のマルイカ釣り開幕したようです。
5/14(日)ヘチつり教室 大黒海釣り施設
釣行レポート:スタッフ佐藤
釣行者:ヘチ釣り教室参加の皆さま

今年2回目のヘチつり教室、 横浜発祥のヘチ釣りを広める為に、ヘチ釣りが好きな有志が集まり ボランティアで行われております。
海釣り施設、グローブライド、海津クラブ、五洋黒研、アークス根岸店のご協力感謝いたします。
事前に海釣り施設のホームページより申し込まれた参加者20名で行いました。
管理棟内でテキストを用いた座学を行います、
PCを使用して動画を流したり、内容も進化しています。
座学の後は、仕掛作り。
針結び、サルカン結びさえ出来れば簡単に出来ますが、 意外と出来ない方多く、 いままで講習後の声の中に
『針が結べるようになってよかった』
との声も多く聞かれます。
釣り場へ移動して、いよいよ実釣に入ります。
講師1人に付き、4〜5名の小グループに別れ エサのつけ方、仕掛けの落しかたをレクチャーします。
仕掛を落としながら、タックルの操作方法、 アタリの出方、などの説明に聞き入る姿が印象的でした。
20分ほどのレクチャーを受けた後は、各々で釣り開始です。
早速、メバルが釣れました。
ヘチ竿で始めって釣った魚は思いのほか良く引き込み 魚とのダイレクト感にびっくりされていました。
続いて22cmほどのメジナ、 コレもまた竿をのされそうな位引き込まれ、 上がってきた魚の大きさに、拍子抜けされてました。
ヘチ竿で釣ると、楽しさ倍増するんです。
内湾がわではフッコも上がりました。
先ほどの子はさらにメバル追加です。
日が傾いてくると、魚の活性も上がり メジナも良型が上がりました。
実釣は14時半から17時までの2時間半。
今回は潮色も良く、状況良かった事から魚のアタリ多く いろいろな事を学んでいただいたようです。
まだまだ釣りを続けたそうな方もいらっしゃいました。
タックルを揃え、思う存分ヘチ釣りを始めてもらいたいです。
次回は5/28(日)本牧海釣り施設で開催です。
※募集は既に終わってしまっています。
6/25(日)本牧海釣り施設はまだ募集開始していないので、 5月下旬ごろに本牧海釣り施設のホームページで募集開始となります。
興味ある方、ご参加お待ちしております。
5/12(金)キンメダイ 静岡県下田市 手石漁港 恵丸
釣行レポート:スタッフ佐藤
釣行者:スタッフ佐藤

毎回キンメ同行してもらってるWさんがどうしても今シーズン中に地キンメ食べたいとの事で今シーズンの最終戦に行ってきました。
集合時間は午前3時!!自宅を1時前には出発しなければなりません。
予定通り集合し今回は3名で出船しました。
1時間ほどでポイントの岩瀬に到着。他に5隻のキンメ狙いの有漁船がいます。

前日まで南西の風強く時化、2日間ポイントは温存されています。
しかしウネリ残っており、立っていられないほどです。
4時40分協定で決められた、投入時間になり釣りスタートです。
ここは根がきついようで、糸を出し過ぎないようにとの指示、 底立ちを確認し、ドラグをきつめにして糸を送ってゆきます。
かろうじて、魚は付いているようで、時折り竿先に微かなシグナルありますが 最初の流しは、小さいキンメ1枚だけでした。
ミヨシに入ったWさんは良い感じで竿先暴れ、多点掛けの予感でしたが 幹糸、針ががっちり根に捕まってしまい、20本針の仕掛が3本針になってい キンメもろとも、根掛りで失ってしまう惨事に見舞われました。
20分ほど船を走らせポイントを変えますが、魚の活性は悪く 良い反応に当たりません。
時間が経つのは早いもので釣果は伸びないまま3投を終えてしまいました。
この時点で8時半、干潮まで2時間でした。
2枚潮が一瞬緩み、底潮が良い感じで流れた4投目
糸を送り出していたので、訳がわからぬまま2匹付いていました。
そして今日一番のハイライト4投目でした。
先ほどと同じ様な場所を流すので今度は仕掛を立てて魚を探ろうと思い 根掛りさせぬよう、オモリを歩かせながらアタリを探っていました。
次第に水深は深くなり、掛け下がりのポイントのようです。
20分以上流し、そろそろ回収の指示が出てもおかしくない時でした。
待望のアタリが竿先を震わせました。
つかさず、オモリを底に付け糸を送り出し仕掛を這わせました。
読み通り、竿先のシグナルは大きくなり多点掛け成功です。
そして、直ぐに船長から回収の合図がでました。
上げてくる途中も竿先良く曲がり、時折クンクンと魚が引いています。
キンメ特有の引きなのが嬉しくてたまらず、至福のときです。
海面まで仕掛到着し、ヨリトリリングを手繰ると、ずっしりとした重量感があります。
そして上がってきたのは良型ばかりのキンメ4点掛け!!
抜きあがる途中、1匹バレ3匹となってしまいましたが、 自分の思い描いた釣り方がドンピシャで嵌り、 今期最高の1投となりました。
その後6投目、7投目はスカが続き時間切れとなってしまいました。
結果、僕は6匹600g〜1.5kgの中型主体のまずまずの釣果。
同行のミヨシのWさんは2匹、Tさんは美味しい外道もなくフルボッコの下田キンメ2回目にして手痛い洗礼を受けてしまいました。
春の大潮特有の2枚潮に悩まされ、オマツリ多発で時間が無くなってしまい8投まで出来ませんでした。
船長も魚の反応見つけられず、苦戦していましたが、 周りの船も同様で、厳しい展開となった日でした。
帰り道、渋滞もなくスムーズに帰宅できたので、 夕食に間に合わせるべく、魚捌きました。
すると、オレンジ色の卵巣がでてきました。
そろそろ、シーズン終わりの声が聞こえてきました。
炙りの肝醤油、胃袋のピリ辛和えは絶品の上手さで 炙りは過去最高の脂の乗りでした。お皿ににじみ出てるのが解るほどですよ。 >
5/2(火)横浜市磯子区 黒鯛(52.5p)
釣行レポート:柳下さま
釣行者:柳下さま

今年3回目の釣行です。
1月に54p2.5s、4月に50p2kg、今回52.5p2.3sですがなぜか乗っ込みの腹パンが釣れません。
今年は乗っ込みが遅れてる模様です。