HOME>釣行記 2017年6月 ★★釣果情報で 100PGET!★★
6/26 (月)走水アジ 高司丸
釣行レポート:スタッフ石田
釣行者:スタッフ石田、遠藤さん

私石田は107匹、遠藤さん66匹
午前船の一本竿で100匹超えたのは初めての経験でした。
中小型中心ですが超入れ喰い!癒されました〜。
6/24(土)南伊豆 子浦沖 秀丸 赤むつ(1.46Kg)
釣行レポート:高嶋さま
釣行者:高嶋さま

南伊豆 秀丸より赤むつで5時出船、
子浦沖より6時から釣り開始しましたがいきなり2枚潮で苦戦、
あたりも少なく坊主の予感しばらくサメのあたり以外はノーシグナル、
しかし潮の緩む時間を見計らい船長が深場へ移動(水深250m→320mへ移動)
しばらくして潮が緩んだ一瞬竿をたたく大きな当たりあり(サメと勘違いしました。)
慎重に巻き上げると赤むつ独特の反応(竿をたたくような反応)があり本命と確信、
大型の赤むつが浮上し興奮しました、
きつい一日でしたがこの1匹で吹き飛びました。
船長の好判断ありがとうございました。
赤むつ釣りはまだこれからです、激ウマの赤むつ釣り皆さんも挑戦してみてください。。
6/22(木)横須賀 龍義丸(仕立て専門) 
釣果:キメジ1
釣行レポート:スタッフ大庭
釣行者:Oさま、Mさま、スタッフ大庭

先週から釣れだしたマグロ狙いで行ってきました!
うねりが残る中、大島方面に向かい2時間!
鳥も多くなり1発目のナブラと遭遇!何投かキャスト出来ましたがすぐ落ち着いてしまいました。
その後すぐチャンスがあり、トップで2発出るがヒットせず回収して、すぐさまキャストでヒット!!
この後スグM様にもヒットでダブルヒットに!!
しかしスグお祭り。。最後まで祭った状態で上がってきましたが自分のは外れていて、M様はゲット!!
15キロのキメジでした!!近年は船中0だったので非常に嬉しい1本です!
その後もチャンスが続きましたが、O様が誘い出しで1発でるが乗らず。。
そこからはクルージングで後半は厳しい状態でした。また来月頑張ろうと思います!!。
6/19(月)富岡 釣果:ハゼ38匹
釣行レポート:スタッフ大庭
釣行者:スタッフ大庭

最近ハゼの問い合わせが多くなってきたので、調査に行ってきました。
17時前からスタートして19時までやりましたが、アタリはずっとあり楽しめます!
まだ小さいのが多いですが、良型も混ざるのでマゴチのエサとして十分使えそうです!
もちろん釣りとしても面白いし、ファミリーフィシングにもオススメです!
6/17(土)稲取沖 山吉丸 赤むつ(2匹 1.0Kg〜1.5Kg)
釣行レポート:高嶋さま
釣行者:高嶋さま

早朝5時に5人で出船し、私は、右大どもを確保、朝のうちはサメの攻撃に苦戦、
船長に釣り方を相談するとサメは海底付近で捕食するので仕掛けを海底より2〜3メートルあげて誘うようにとのアドバイスあり、
直後右ミヨシの方に大物の赤むつがあがり、その巻き上げ中に私の竿に大きな当たり、
またサメかとがっかりしながらやや高速で巻き上げていると水面付近で赤色の魚体が浮いてくるのを確認、
しかもビッグサイズ(大興奮)
船長のアドバイス通りにした途端にこの釣果は驚きでした、
その後あたりが遠のきましたが
移動直後に今度は棚付近ではあたりがないので、ボトム付近をゼロテンションで誘っていたら明らかな赤むつのあたり(竿をたたく当たり)があり
巻き上げ中に赤むつの感覚があり
テンションマックスになりながら低中速で巻き上げ水面で赤い魚体浮上、
これもビッグサイズでした、
その後外道中心であたりがありました、
結果赤むつ2匹1.0`・1.5`、黒むつ2匹、スミヤキ3匹他カサゴ類とゆう釣果でした。

船長アドバイスありがとうございました。

赤むつは貴重な魚でとても美味です、食してみてその旨さにびっくりです。
特に稲取沖の赤むつはビックサイズです。
6/16(金)金沢区 釣果:シーバス・・・
釣行レポート:スタッフ大庭
釣行者:スタッフ大庭

前日の15日は根岸湾でアジが釣れてるとの事だったので仕事終わりにアジングに行きました!!
っが、異常無し!メバル狙いに変えるも異常無し!
次の日は出勤前に気分を変えてシーバス狙いに!1時間勝負で1本!
アジみたいなシーバス。
6/14(火)八景島周辺 釣果:アジ、メバル
釣行レポート:スタッフ大庭
釣行者:スタッフ大庭

暗くなる前にジグヘッドにイソメをつけて遊んでいましたがアジがつれました!
その後ワームやジグに変えるもあたりなし。。暗くなってからは、小さいですけどメバル4匹ゲット!。
6/14(火)葉山 オオモリボート
釣果:カマス、ワカシ、アオリイカ
釣行レポート:スタッフ大庭
釣行者:スタッフ大庭

先週から釣れだした好調のカマス!の予定でしたが 、11日から釣果激減。
しかも、カマスは晴れが釣れる!!って言われましたが、今日は雨。。
状況は悪い。。
朝一に釣れたのはワカシでした。
すぐさま泳がせにするも、気づかぬうちにアオリにやられ泳がせ終了。
スタートして1時間で、ようやくカマスゲット!これも泳がせに使いますが、すぐ暴れだしアタルもすっぽ抜け。
次釣れたのはワカシで、泳がせ!これもすぐアタリ、ヒット!!しかしリーダーまで来たところでバレた。。
1本針でしたが3回失敗に終わったので、シングル+トレブルに変更!
次はカマスが釣れたので泳がせましたが、今回は、まったくアタリがなく放置。
その後カマスはルアー変えたり、アクション変えればアタリが出て、最終的に10本、バラシが20以上あったと思います
その間に放置してた泳がせにアタリがあり、竿は水中へ。。。尻手ロープに助けられました!!合わせるもまったく反応なく重いだけでしたので、
イカの可能性を考慮してゆっくり巻いて上げたらアオリイカでした!!トレブルにバッチリフッキング(仕掛変えて良かった)!
アオリイカが40cmのカマスで釣れることに驚きです!!!
その後もカマスで泳がせしましたが、一瞬の強いアタリがありカマスが消え終了。
予定があったので少し早い13時に終了しました。
6/13 (金)鬼カサゴ 御前崎 漁栄丸
釣行レポート:スタッフ石田
釣行者:スタッフ石田

鬼カサゴの数は 遠藤さん5 私3 内藤さん4
時折大きいウッカリカサゴが釣れてくれて、何とか形になりましたが御前崎鬼カサゴとしては渋かったです。
6/11(日)第75回 アークス釣行会
キンメダイ 1〜5枚 0.5キロから〜2キロ アブラボウズ 10.07キロ
釣行レポート:スタッフ石田
釣行者:芦田さん、岡田さん、田辺さん、内藤さん、山川さん、スタッフ石田

4月30日の釣行会以来のキンメダイ釣りに行ってきました。
当日は梅雨時特有の超ベタ凪ぎ、雨も降らず、最高の釣り日和に恵まれました。
一投目は浅場の250mダチのポイント、オモリがして着底して、糸ふけを取るとすぐに「ガタガタ」っと竿先が震えました!
ミヨシの芦田さん、大ドモの山川さnに「当たってますかー?」と聞くと皆さん当たっている様子!一投目から幸先がよいです。
しばらくして巻上げを開始すると、ミヨシの芦田さん1枚、ミヨシ2番目の田辺さん1枚、ミヨシ3番目の内藤さん2枚、私3枚、トモ2番目の岡田さん2枚、大ドモの山川さん2枚と一投目で全員型を見ることが出来ました。
「今日はこの後も釣れますよ!」と期待に胸が膨らみますが......2投目〜6投目は何と!まった くの空振り!今までの釣行を振り返っても1.2を争うほどの苦しいパターンになってしまいました。
時間は11時を回っての7投目は600mの水深。今まで経験したことがないくらい深いポイントです。
800mを超えてようやく底が取れるか取れないかのものすごい早い潮。私は底が取れてるのか取れていないのか疑心暗鬼の一投だったのですが、巻き上げに入ると隣の岡田さんが「なんか付いている感じがします。」との事。前から後ろまで岡田さん以外全くの空振りの中、岡田さんが2キロのキンメダイをキャッチ!
最後8投目も600mダチで潮が早く、釣りづらい中、後ろの山川さんから巻上げを開始すると山川さんが2キロ1枚、岡田さんはうらやましすぎる2キロの2点掛け!!その後の方は空振りが続き、最後ミヨシ の芦田さんが「重い、重い!」とゆっくりとあがってきたのは後検量10.07キロのアブラボウズでした。

途中ぜんぜん駄目なときが続きましたが、終わりよければ全て良し、最後にドラマがありました。
結果キンメ2回目の岡田さんが5枚(しかも3枚が2キロ)で竿頭。型がよいのですばらしいお土産になったと思います。
芦田さんのアブラボウズも美味しいスペシャルゲスト。私自身はまだ釣ったことが無いのですが、いつか釣ってみたい目標です。

これで10月までキンメ釣行会はお休みですが8.9月はキハダマグロの釣行会、10月からまたキンメダイの釣行会を予定しています。

皆様是非またご参加ください。
6/10(金)キス 金田港 たつ丸
釣果: 石田92マゴチ1、 皆川さん60、 関さん46、 山田さん20マゴチ1
釣行レポート:スタッフ石田
釣行者:スタッフ石田

毎年恒例の金田湾でのシロギス釣り。100匹超えるときも多いのですが、今年は渋めとの噂通り。ちょっと渋め?でした。
それでも一日頑張って92匹取れました。型も最大27cmをキャッチ。思わずタモいれしてしまいました。
外道で山田さんが奇跡的な大きさとも言える38センチのカワハギをキャッチ!
それとメゴチを餌にした泳がせで、私と山田さんがマゴチをキャッチ出来ました。
小物釣り、数釣り大好きの私としては文句なしに面白い釣りが出来ました!
6/9(金)カマス 葉山 オオモリボート
釣行レポート:スタッフ石田
釣行者:スタッフ石田

私95匹
山本さん、めちゃくちゃ休みながら80くらい
晋太郎さん100超え

ルアーカマスの超入れ食いに当たる事ができました!!
カマスは結構引きますので、楽しいですが、疲労感も半端なかったです。
6/6(火)葉山長者ヶ崎 オオモリボート (手漕ぎ)
釣行レポート:スタッフ佐藤
釣行者:スタッフ佐藤

今年も葉山に大型カマスがやってきました。
6/4(日)から釣れ始めたようで、直ぐにボート屋の予約は満員になってました。
皆さんカマスの開幕待ち続けてたのですね〜
今年は平日の出船時間30分早くなり6時半、沖上がりは13時半に変更され 朝マズメの時間が少し増えました♪
始発便は12名のお客さんが終結!
ほとんどの方が、カマス狙いです。
今日の相棒は56号艇、ややくたびれた感じ否めません
クーラーボックスは釣る気満々の35L、誰よりも大きさでは負けてませんでしたよ
定刻になり、引き船で順次砂浜を出船します。
カマスは濁り潮、水潮嫌い。すみ潮を好み
どんよりとした天気よりもピーカンが良いらしいです。
ここ数日は潮すんでいるようで、今日もすみ潮でした。
気合を入れて釣りスタート、
数投目で早速魚のアタリ!!
期待してあがってきたのはワカシでした。
その後ルアーを試行錯誤変え、ようやく本命のカマスが釣れました。
今年も発育良く、大型になっています。
反応はどんどん上がり、当たる棚がどんどん上ずってきます。
試しに、シンキングペンシルを投げると、 これが大正解、ワンキャスト、ワンヒットの入れ喰いモードに入り
笑いが止まりません。
1時間あまりで20匹を超える爆釣が出来ました。
その後、魚は沈んでしまい沈黙の時間が続きます。

同時に小さめのカマスを泳がせていました、 >
そんな事もすっかり忘れており、底立ちを取り直した次の瞬間!!
なにやら、カマスの落ち着かない様子、バタバタし始めました。
待望のあたりです!!
さらに竿先が押さえ込まれ、カマスに何かが食いついたのは間違いありません。
竿がさらに引き込まれるのを待って、巻き上げに入ります。
なかなかの抵抗感、ヒラメであれば今まで経験した中でも大きい部類です。
残り5mになると魚も大人しくなり、水面に素直に上がってきました。
そして魚が見えるところまで来ました!
でけっーー!
少なく見ても70cmはあります。
ハリスを手繰り、タモを取ろうとした一瞬、ハリスのテンションが緩み ヒラメが海中へ逃げてゆきました。
まるでスローモーションのように去ってゆきました。
エサのカマスは無残な姿に… >
その後、ヒラメのアタリは無く、カマスも小康モード。
しかし、釣ってる人は釣っています。
魚探の反応も悪くないのですが、魚が食いつきません。
場所を少しずらすと、数匹は釣れるので ルアーにスレてしまうのでしょう。
結局その後の爆釣はありませんでしたが、 満足のゆく釣りが出来ました。 >
13時半、お迎えのボートでカルガモの隊列になって戻りました。
自宅に戻り数量を数えると28匹、エサとして消化した2匹を加えると 30匹の爆釣でした! >
しかし、その後の地獄を味わう事に…
うれしさの余り、
『家だけでは食べられないほど爆釣だよ!』と嫁に連絡を入れると
しばらくしてから返信が
ママ友4人夕方取に来るからとの事
そのうち3人は魚触れないから、下処理お願いね〜
まさに悪魔のささやきです。 >
はいはいやり切りましたよ!28匹
プラス自宅分の干物もヤケクソで作っちゃいましたよ >
キンメと比べれば近場なので、体力的にも余裕あったのでしょうね。
ボート屋の新太郎さんが言うには、黄色の卵は産卵直前で 白い卵はまだ日数かかるとの事、先日釣った魚は 白い卵が多く、まだ釣れる時期が長くなりそうと言っておりました。
しかし、今回釣った魚は9割方、黄色の卵でしたが、 もうしかしてもう終盤?!?
これはまだまだ頑張らなくてはなりません
とりあえず次回6/14(水)の予約は入れました。
もうカマスは充分なので、ヒラメ本気で狙います!
やっぱり今年はアオリイカやれる時間少なそうです。 >