HOME>釣行記 2018年3月
3/18(日)アークス釣行会 アコウダイ 1〜3本 最大3キロ 大瀬港 秀丸
釣行レポート:スタッフ石田
釣行者:スタッフ石田、田辺さん、 芦田さん、 北條さん、 高嶋さん

昨年プライベート釣行で一度お世話になっていた秀丸さんに今回は釣行会として行って来ました。

全8投最初の2投でキンメダイを狙い、その後の6投でアコウダイを狙おうという欲張りな企画です!
シケが続いていた3月半ばでしたが、この日は奇跡的な凪に恵まれました。曇りですがうそみたいな凪です。
出船後近場のポイントである石廊崎沖でキンメをを狙おうとしましたが、ポイントについて定刻を越えても船長から投入の合図がありません。
20分くらい念入りに魚探で魚影を探してくれた船長ですがしばらくして「あまりにも反応が無いからキンメ諦めてアコウダイにいきましょう。」との事。いきなり出鼻をくじかれましたが、アコウダイが釣れてくれれば問 題ないのでポイントを移動しました。

アコウダイのポイントは深めの500m前後でした。一投目は大ドモの深場釣りの鬼、高嶋さんが1.5キロくらいのアコウダイを釣っただけでした。
二投目ほぼ全員の竿にアタリがあり、ミヨシから田辺さんが3キロと2キロの一荷、芦田さん1本、北條さん1本、私1本と全員がアコウダイを釣る事が出来ました。しかしそれほど大きいサイズではありません。提灯行列が見たいです!!
しかしながら提灯行列の願いもむなしくその後は潮がドンドン早くなってきてしまい大苦戦。
500mの水深に対して糸は700.800m出て行きます。船長いわく「こういう日は厳しい」との事でした。
最後の方7投目に田辺さんが良型一本、北條さんが良型の一 荷、私が小型一本と少し本命を追加できましたが、最後8投目は空振りで終了

最終的には田辺さんと北條さんが3本で竿頭、私が2本、船中1〜3本という釣果でした。

釣果的にはすこし寂しかったですが、下手したらボウズもありえるアコウダイ釣りで全員型を見れたのは良かったと思います。
いつか提灯行列出来るように頑張りたいと思います。
3/4(日)ヤリイカ終盤 東伊豆
釣行レポート:スタッフ佐藤
釣行者:スタッフ佐藤

1週間前の釣果、群れが薄くなり大爆釣とは行きませんでしたが パラソル級の大物も釣れ満足できる釣行でした。
その余韻が忘れられず、再び釣行です。
釣り場は誰も居らず貸しきり状態でした。 終に終わってしまったかと不安よぎりましたが 開始そうそうボトム付近で中型が釣れてくれました。
しかし、連続で釣り上がること少なく、回遊待ちの釣り方ですが 釣れない分、エギに意識を集中して釣りができました。
パラソル級は1ハイだけで身は薄く、中型主体です。
帰宅後捌くと、タマゴ、白子はたいてしまってるもの多く 本当の終盤予感させられました。