HOME>釣行記 2018年4月
3/13(金)三浦市宮川港 二宮丸(ふたみやまる)
釣行レポート:スタッフ佐藤
釣行者:スタッフ佐藤

釣り暦が長くなると、大物への憧れ、深海への憧れが強まってくるのは 釣り人の習性なのでしょうか、
以前から大物釣りのターゲットとして気になっていた
イシナギ
遂に挑戦する機会がやってきました!
釣りのスキルが一発で解ってしまうイカ釣りを今まで避けてきたので、 活きたイカを使う泳がせ釣りも避けていましたが お客さんからお誘いを受け、挑戦するチャンスが訪れました。
港を6時半に出船し、 エサとなるヤリイカを釣りに向かいます。
もしヤリイカが釣れなかった場合 持参した冷凍イカでやらねばならず、イシナギヒットの確立は ぐっと低くなってしまいます。
今日の釣りが成立するか否かとても重要なイカツりです
30分ほどでポイントの剣崎沖へ到着しました。
仕掛けは自作のブランコ仕掛11cm7本針です
1投目、2投目とサバの洗礼受けましたが、 その後無事に着底し、 人生初のヤリイカゲットしました
しかし、後ろのイカプロの方は5点掛け…
早速大差になっております
追い乗りを意識して、1杯付いても直ぐには回収せず 10mほどゆっくり巻き上げると、仕掛けがドンドン重くなってゆき 4点掛け成功しました。
時化後ということもあり。イカの活性は高く3時間ほどで 12杯のヤリイカを確保できました。
背中合わせのイカプロは25杯で腕の差を見せ付けられました
6杯もあれば充分なので12杯もあればまったく心配なく イシナギを狙えます。
使用する仕掛けはこちら
幹糸 ナイロン80号 枝ス ナイロン60号
孫針 GT25号 親針 スーパークエ35号
捨て糸無し:Wスナップスイベル
オモリ 150号
この仕掛けをヤリイカの頭とロウトに浅く針を刺します
水深は95m、イカが弱らないようにサミングしながらゆっくり落とします。
釣りを始めてから5分、左トモの仲間にヒット!
根に走らせない為に底から3mは何が何でもゴリ巻きです
底からはがれればほぼ安心、ドラグを緩めやり取りしますが 魚は元気一杯、頭を振り抵抗します。
10分ほどで上がって来たのは本命のイシナギ47キロでした
その間にも、今度は右トモの仲間がヒット!
食い込ませて竿が絞り込まれるのを待ち 懇親の力であわせを入れると、すさまじい力で水中へ引き釣り込もうとされます
新調したシーボーグ800MJですら、簡単には巻き上げできません
20分の格闘で上がって来たのは41キロのモンスターでした
船中ではハリ外れ2回、小型の5キロ1匹上がりましたが アタリは遠のき、12時半の沖あがり時間になってしまいました。

私の最終結果はイシナギはボウズ…
負け惜しみではありませんがヤリイカは12杯取れ イカ釣りの面白さが解った事は良かったですが

やはり、私だけアタリがなかったのは 悔しさがヒシヒシと湧き上がってきました
それにしても41キロはでかすぎです