HOME>釣行記 2018年5月
5/10(木)葉山 オオモリボート (手漕ぎ)
釣行レポート:スタッフ佐藤
釣行者:スタッフ佐藤

例年よりも早く長者ヶ崎のカマスが始まったと聞き
ようやく出船できました。GW後から時化続きでスケジュールかみ合わず
今日も昼頃、雷を伴う突風が吹くとか吹かないとか…
始発の7時出船の根廻り組は10艇のカマスフリークが 終結です、磯投げ情報の取材陣も5名3艇いらっしゃいました
今日の相棒は7号艇、なんだか爆釣しそうな数字です
パラソル級は1ハイだけで身は薄く、中型主体です。
帰宅後捌くと、タマゴ、白子はたいてしまってるもの多く 本当の終盤予感させられました。

ボート屋のアンちゃんに曳かれ、ポイントまで移動します
曳き舟サービスは無料!楽チンです
10分ほどで御用邸前のポイントへ到着
水深は20m、例年に比べ深めです
この時は風もそよそよ、ベタ凪だったんです
しかし、釣果は最低で全くアタリがないところか 魚探の反応も悪く、1時間でこのポイントを見切りました

浅場のアオリイカの様子を探ろうと うろうろしながらポイントを探しエギをキャストし2時間
ようやく水深17mに良い掛け上がりを見つけました。
カジメも多く釣れそうで、魚の回遊も多いです。

しかしエギを2個も根掛かりで2個もロストし万事休す
ルアーを投げ続けると、カマスではなく、ワカシでした。
10時頃から魚探の反応が活発になり 魚っ気が出てきましたが何故かルアーには無反応
手を変え品を変えしましたが結果は変わらず、

しだいに雲行きが怪しくなり 北風が吹き出しました。
しかし、天気が悪くなるほど魚の活性は上がってきましたが さらに風の強さはレベルアップし 強制撤収となってしまいました
ボート屋のアンちゃんの慌て方を見ると やばいくらいの天気だったようです
沖に上がって10分もすると 釣りをしていた場所は 10m以上の突風が吹き荒れ

江ノ島の向こう側では落雷も見えます
さすがボート屋さん的確な状況判断です
本日の結果発表
ワカシ1匹、 カマス ボ○ズ

昨日の大雨で真水が入り込み水温も下った影響で カマスの喰い落ちてしまったようです
群れは今期一番大きかったようで、今後に期待できそうです。